ベビーパウダーはガンを引き起こす?(米国での判決)と肩までカバー・ロング丈の新作3点のご案内

ひとりごと

治療中の皆様、お疲れ様です。
今日は、アメリカで判決があったガンにまつわる訴訟についてご紹介します。

 

今月(2016年5月3日) ミズーリ州裁判所で、メーカーのタルク粉末製品を使用したことで、卵巣癌を発症したと訴えたグロリアさんに$ 55万ドル(約6億円)を支払うことをジョンソン・エンド・ジョンソンを命じました。
同じように今年、
2月には、同裁判所は、彼らがベビーパウダーの使用によって引き起こされたと考えている卵巣癌で死亡した女性の家族に損害賠償$ 72万(約7億9千万)ドルを支払うことをジョンソンアンドジョンソンに命じ、現在、1,000人以上による同様の裁判が全米で待たれています。

(参照元:ロイター)

 

J&Jのベビーパウダーは赤ちゃんのおむつにや汗による肌荒れで日本でも使用されていますが大丈夫なんでしょうか?

更に調べると、がんの国際ジャーナルで1999年に発表された研究によると、性器衛生におけるタルカンパウダー(ベビーパウダー)の回避は、少なくとも10%、卵巣がんのリスクを減らす可能性があるということで、タルカンパウダーが卵巣がんの起因の一つと結論されています。

また、記事では上記のグロリアさんは何十年もは自身の性器にシャワー後にパウダー製品を使用したところ、2011年に卵巣癌と診断され、子宮摘出と関連する手術を受けなければならなかったが、手術後の現在、彼女の癌は寛解していると伝えています。

 

日本でも同企業の製品は輸入されていると思うのですが、心配になります。

タルカンパウダーと言えば、幼い頃の夏に、お風呂あがりに母につけてもらっていた記憶があり、日本では夏限定、あるいは、おむつをしている乳児の頃に使用頻度が高いと思いますが、海外では大人の女性も長く愛用している人が多く事態は深刻のようです。

ちなみに、米国ジョンソン・アンド・ジョンソン側は控訴をする予定ということで完全には決着はしていませんが、すでに2件の損害賠償請求を命じられています。念の為にも日本の消費者に対しても告知しないといけないと思うし、今後も引き続き注視していきたいと思っています。

 

 

さて、本日は、肩までカバーされるロング丈のスカーフ・キャップの新作3点をご紹介致します。

 

【医療用帽子・ケア帽子】裏地は頭皮にやさしいオーガニックコットン100% 肩までカバー・ロング丈・スカーフ・キャップ ライラック・フラワー柄・ラベンダー(S282)

こちらは今年の春夏コレクションのメーカーイチオシの商品です。柔らかなラベンダーがフェミンさを増します。

 

【医療用帽子・ケア帽子】裏地は頭皮にやさしいオーガニックコットン100% 肩までカバー・ロング丈・スカーフ・キャップ ベージュ×ブラック(S283)

S283 医療用帽子・ケア帽子・スカーフ・キャップ

 

【医療用帽子・ケア帽子】裏地は頭皮にやさしいオーガニックコットン100% 肩までカバー・ロング丈・スカーフ・キャップ ヘイジー・ガーデン(S284)

S284 医療用帽子・ケア帽子・スカーフ・キャップ

 

それでは良い週末をお過ごし下さい。

ショッピングサイト:Scarf4u(スカーフフォーユー):https://scarf4u.shop-pro.jp/

——————————————————
励みになります!クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました