がんを克服する3つの条件(マレーシア発)と新作【医療用帽子】ボリュームをもたせるドレープ入りキャップ 4点UPのお知らせ

ひとりごと

こんにちは!

マレーシアは 私の好きな国の一つではありますが、3年前の3月9日はマレーシア航空機が未だに行方不明だったり、最近の空港内で起きた暗殺事件などで物騒な国というイメージが強いと思います。
日本では報道されないような 爆弾テロ(幸い 死傷者はいませんでした)があったりと 以前のようなのんびりとしたマレーシアとは違うなぁと感じています。

マレーシアの首都KLから車でも行ける工業地帯としても多くの日本や欧米の企業がある所でもあり、海外の観光客だけでなくマレーシア人にとってもリゾート地でもあるペナン島で行われているがんの啓蒙活動についてご紹介します。

国際的にピンクカラーは乳がんのシンボルカラーとして定着していますが、全ての癌のシンボルカラーはラベンダーカラーということは初めて知った方も多いかと思います。

現在、ペナン島では 目を引く紫色の布で包まれた約500本の木が町の話題になっています。

cancer04
(写真は、ペナンにあるガーニードライブという島の中心通り。後ろにある樹にも紫色の布で包まれています。)

これは、早期発見と癌治療の重要性を訴えるペナン・アドベンティスト病院による啓発運動です。
病院の社長兼最高経営責任者のウェズリー・トー博士は、乳がんだけを
象徴するピンクとは対照的に、すべてのタイプのガンに意識を持たせるために国際的に使用されている薄紫(ラベンダー)を使用したと述べました。

彼は、このキャンペーンは、癌=死刑ではないということを伝えていきたいと述べています。

尚、がんを克服するには、

1)積極的で前向きな態度と闘う気持ち
2)優れた医療
3)家族や地域社会
からの支援

そして、この運動のタグラインは‘You Won’t Fight Alone’.(あなたは一人で闘っていない) といい、地域や家族、医療が患者を支えていくことが必要であると語っています。

16904840_10155828243629638_2810277011568079421_o

cancer06
南国なので 樹も太いですね

16997849_10155855942289638_5000109259959740317_n
(参照元 2017.3.7発刊)

今回、ペナン島での癌の啓蒙活動は、1病院の活動だけでなく、島全体、州知事など政治家達もサポートしているということで、がんについての理解は日本以上ではないかなと感じました。

 

さて、本日は 先日 完売したドレープ入りのキャップの新作をご紹介致します。

【医療用帽子】ボリュームをもたせるドレープ入りキャップ ドット柄 (S382)

S382 医療用帽子・ケア帽子・スカーフ・キャップ
【医療用帽子】ボリュームをもたせるドレープ入りキャップ ネイビー(S383)S383 医療用帽子・ケア帽子・スカーフ・キャップ

【医療用帽子】ボリュームをもたせるドレープ入りキャップ ワイン×ブラック(S384) S384 医療用帽子・ケア帽子・スカーフ・キャップ

【医療用帽子】ボリュームをもたせるドレープ入りキャップ ヘーゼルナッツ×アイボリー(S385) S385 医療用帽子・ケア帽子・スカーフ・キャップ

実は、個々のガンについては 全てシンボルカラーがあります。
乳がん=ピンクリボンというのは 多くの人に認知されていますが、他の癌のリボンの色はあまり知られていないと思います。

よく「○○(企業名)は ピンクリボン運動の協賛(参画)しています」というフレーズをCMやwebサイトで見聞します。
多くの企業や市町村などもピンクリボン活動には支援してくださっていますが、他のがんについては??と感じるのは私だけでしょうか。

今回のような全ての癌に対する啓蒙活動が盛んになることを願っています。
=========================================================

今回も、最後まで読んでくださってありがとうございました。
励みになります!よろしければクリックよろしくお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました